2020年2月例会のご案内

皆さま、こんにちは。

近畿青年技術士懇談会2月度例会幹事の酒井、弦牧です。

新型コロナウイルスに関する現時点における例会の対応ですが、下記を御覧ください。

・現在のところ2月例会は開催を予定しておりますが、今後の状況次第では中止する可能性もございます。最新の情報はメーリングリスト、ホームページ(例会案内)にて案内配信致しますので注意してご覧ください。

・報道にあるように感染について収束のめどが立っていない状況です。

申し訳ありませんが、体調の優れない方の参加はご遠慮願います。

健康な方も咳エチケット等ご配慮をお願いします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

20202月度例会 開催のご案内 2/28(金)19:10@梅田】

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

[例会申込はこちらhttp://seigikon.jp/m5.html

例会の申し込み、変更は、2/26(水)までにご連絡ください。

1.例会日時場所

a)日時:2020228()

例会  19:1021:00

懇親会 21:002300頃 (会費:3,000円)

b)例会会場:大阪市立生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)第5研修室

大阪市北区梅田1-2-2 TEL06-6345-5000()

アクセス:JR北新地駅(東西線)、大阪駅、地下鉄西梅田駅、梅田駅

地図 http://osakademanabu.com/umeda/access

c) 懇親会場:「北野 2号店」(会費:3,000)

場所:大阪駅前第2ビル地下2

https://r.gnavi.co.jp/b0k7yjnb0000/

2.例会

1)参加費

近畿青年技術士懇談会2019年会員は無料

ビジター参加の方は1,000

2)内容

19:1020:45

講師 :講師 :中尾 賢志 工学博士 技術士(上下水道部門)

所属 :大阪市立環境科学研究センター

テーマ:「環境プラスチック問題への技術的対応 ~予見的研究と技術士としての役割~」

概要 : 世界的な環境問題である「海洋プラスチックごみ問題」について問題と課題を詳細に解説する。まず,我々の研究グループでは本問題は「環境プラスチック問題」という呼称が適当であるとしていることをご紹介する。その後,当研究センターでの研究活動をご紹介した後,「予見的研究」と呼ばれている「マイクロプラスチック問題」について論じ,技術士の役割を皆様と考える契機とする。

20:4521:00

初参加者の自己紹介、事務連絡など  

3.例会、懇親会 参加希望の連絡先について

下記HPの専用フォームから、参加メールの送信をお願いいたします。

http://seigikon.jp/m5.html

=上記HPが使えない時の送信先⇒当月担当幹事までお願いします。

<連絡フォーマット>

(この下の部分をコピーペーストしてご連絡ください。)

・お名前

・例会への参加予定 :有・無

・懇親会への参加予定:有・無

・技術部門(技術士・技術士補・修習技術者・その他)

・一言コメント

・「KnowWho」(簡単な自己紹介)のご希望があれば、

資料( http://dp18231575.lolipop.jp/know_who2.docx )を参考にしてご送付下さい。

なお、know whoは、原則、印刷して例会当日参加者に配布いたします。

配布OKな範囲でのご記入をお願いいたします。

参加者が多数の場合は、会場定員到達後の申し込みをお断りさせて頂くことがあります。予めご了承ください。

例会・懇親会ともに欠席される方のご連絡は不要です。

(一度出席連絡をいただいてからの変更は必ずご連絡ください。)

4.今後の予定

●328日(土)13:30〜 大阪市立生涯学習センター第2研修室(梅田 大阪駅前第2ビル6階)

講師 :水江 泰資 様

テーマ:仮題「ファシリテーションに関するワークショップ」

●418日(土)総会および例会 13:30〜  I-siteなんば 2階アクティブラーニングルームA1,A2

講師 : 宮島 勇也 様

テーマ:仮題「技術者がイノベーションを起こすには」

●529日(金)19:10〜 大阪市立生涯学習センター第5研修室 (梅田 大阪駅前第2ビル5階)

講師:調整中

テーマ:講演内容調整中

以上